プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
前のページへトップページへRevolution/革命
The Beatles/ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズが「革命」をタイトルに用いた曲をシングルで発表したこと自体がとても革命的なことだったであろう。この歌が作られたのは、ビートルズがインドに滞在した1968年の早春の頃である。(2018年に50周年)初めは彼らのグループ名を冠した2枚組アルバム、通称ホワイトアルバムの収録曲になったが、それは軽くて気楽で楽しそうなゆったりした歌だった。(タイトルは"Revolution 1")

当時、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていて、中国では政府の思想に異議を唱える人は粛清されていた。その革命を痛烈に皮肉ってジョン・レノンが作った歌である。それで歌詞には当時の毛沢東主席が登場する。

前述のアルバム収録版では、「暴力を肯定するなら俺を巻き込むな」という歌詞の「OUT」の直後に「やっぱり入れて」ということば「IN」を付け加えて、どっちつかずの気持ちが現れていた。

この曲が訴えたいのは過激な暴力を振るわなくても、世の中どうにか回っていくし、僕らもどうにかなるよ、という、実は気楽な姿勢である。

この曲が革命一般についてではなく、現在では国際的に革命というよりは国家的な弾圧だと評価されている文化大革命について批判しているのである。

ジョンはこの歌をベトナム戦争等の当時の情勢に対するビートルズの立場表明として、シングルで発表することを望んだ。そのため、テンポを速め、件の歌詞は暴力否定に割り切って、バンドの演奏も、エレキギターとドラムスが唸りまくる、怒りの爆発のようなサウンドにして、Hey Judeのシングル盤のB面としてリリースされた。ビートルズの最大のヒット曲のB面にもかかわらず、ヒットチャートでは12位まで上がる健闘をした。(Past Masters 2 に収録)

この後、ジョン・レノンが非暴力平和運動のシンボル的な存在になる、その第一歩を踏み出したのがこの曲だと言える。ジョンはソロになってからロックスターとして色々な革命的な試みを行った。

REVOLUTION
革命

作詞: John Lennon

You say you want a revolution
Well, you know
We all want to change the world

You tell me that it's evolution
Well, you know
We all want to change the world

But when you talk about destruction
Don't you know that you can count me out

*Don't you know it's gonna be
All right, all right, all right

You say you got a real solution
Well, you know
We'd all love to see the plan

You ask me for a contribution
Well, you know
We're doing what we can

But if you want money for people
with minds that hate
All I can tell is brother you have to wait

* Repeat

You say you'll change the constitution
Well, you know
We all want to change your head

You tell me it's the institution
Well, you know
You better free you mind instead

But if you go carrying pictures of Chairman Mao
You ain't going to make it with anyone anyhow

* Repeat

All right, all right, all right
All right, all right, all right
All right, all right

訳詩:管理人

君は革命を起こしたいというのだね
そうだね
僕らは皆世界を変えたいよ

これは進化だというんだね
そうだね
僕らは皆世界を変えたいよ

でも君が破壊について言うなら
僕は関わりたくないよ

*分からないのかい
これで大丈夫だって

本当の解決策があるっていうんだね
そうんだね
僕らはみんなそのプランを見たいよ

僕に寄付してくれというんだね
そうだね
僕らはできることをやってるよ

でも君が憎しみの心を持った
人々のためのお金なら
ちょっと待てと言うしかないよ、君

* くりかえし

君は社会構造を変えるっていうんだね
そうなんだね
僕らは皆君の考えを変えたいよ

制度が問題だと言うんだね
そうだね
自分の心を自由にした方がいいよ

毛主席の肖像画を持ち歩いたところで
誰とも何も成し遂げられないよ

* くりかえし

大丈夫、大丈夫


The Beatles Taxman
The Beatles REVOLUTION
John Lennon Give Peace A Chance
John Lennon Power to the People
John Lennon Imagine
John Lennon Give Me Some Truth
John Lennon Cold Turkey
John Lennon Happy Christmas
Paul McCartney Freedom
Paul McCartney Ebony&Ivory with Stevie Wonder
MOVIES
Promotion Video
この段階ではまだバックコーラスが付き、「IN」も歌詞に挿入されます。


ホワイトアルバムの気楽なバージョン


Imagine Dragons
アコースティックなバージョン。

Billy Bragg
速攻のパンク・バージョン


記事のトップへ