プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
Cold Turkey/ コールド・ターキー(禁断症状)冷たい七面鳥
by John Lennon/ジョン・レノン
(Plastic Ono Band/プラスティック・オノ・バンド)

John Lennonが1969年10月にプラスティック・オノ・バンド名義でシングルとして発表した歌。麻薬の禁断症状を歌ってます。Cold Turkeyはそれを表すスラング(俗語)です。

Cold Turkey 冷たい七面鳥 コールド・ターキーLennon Legend: The Very Best Of John Lennon 麻薬を一度始めると止められなくなり、中毒になり、止めようとすると耐えられない苦しみを味わうそうです。John Lennonはじめthe Beatlesのメンバーはメジャーデビュー前にドイツのハンブルグへ巡業へ出たときに夜通し演奏する過酷の状況下で麻薬を服用して力を維持し、耐え抜いたと言われてますし、またメジャーデビュー後も密かに麻薬を使用して幻想的な音楽を作ったと言われています。世界のポップスの頂点に立った彼らが他のミュージシャンたちに与えた影響はこちらの面でも大きかったことでしょう。

John Lennonは自分が麻薬を絶つ過程で経験した苦しみをこの歌で表現しました。「麻薬は苦しいから手を出すな」というメッセージが込められています。歌のエンディングは苦しみ悶える叫びがしばらく続きます。迫真の演技です。

にもかかわらず、または、あまりにもリアル過ぎたため、イギリスでは放送禁止の憂き目に遭い、ヒットには結びつきませんでした。英国のナイジェリアとビアフラ紛争への介入、ベトナム戦争でのアメリカ支持に抗議して翌月、11月に英国女王へMBE勲章を返還する際にも、その理由の最後にこの歌がヒットしなかったことを、彼なりのユーモアとして最後に付け加えました。


動画

ニューヨークでのライブも下にあります。

Cold Turkey/冷たい七面鳥

作詞:John Lennon

Temperature's rising 
Fever is high  
Can't see no future  
Can't see no sky  

My feet are so heavy  
So is my head  
I wish I was a baby  
I wish I was dead  

Cold turkey has got me on the run 

My body is aching  
Goose-pimple bone  
Can't see no body  
Leave me alone  

My eyes are wide open  
Can't get to sleep  
One thing I'm sure of  
I'm in at the deep freeze  

Cold turkey has got me on the run  

Cold turkey has got me on the run 

Thirty-six hours  
Rolling in pain 
Praying to someone  
Free me again  

Oh I'll be a good boy  
Please make me well  
I promise you anything  
Get me out of this hell  

Cold turkey has got me on the run 

Oh, oh, oh, oh
訳詞Paul Kim

気温は上がり
熱も高い
未来が見えない
空も見えない

両足が重たく
頭も重い
赤ん坊に戻りたい
死んでしまいたい

冷たい七面鳥に捕まってしまった

全身が痛い
骨まで鳥肌
誰も見えない
放っといてくれ

両目は大きく見開き
寝ることも出来ない
ひとつ確実なことは
急冷凍状態だってこと

禁断症状が僕を離してくれない

禁断症状から逃げられない

36時間も
悶えっぱなし 
誰かに祈りながら
もう一度自由にしてくれ 

いい子にするから
どうか治しておくれ
何でも約束するよ
この地獄から引っ張り出してくれ

禁断症状から逃げられない...

あ〜あ〜

ニューヨークライブの演奏
こちらの方がワイルドでノリが良いです


収録CD
Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon
IMAGINE  HAPPY XMAS
Paul McCartneyのFreedom


記事のトップ


記事のトップへ