プロテストソング・トピカルソングの傑作集We Shall Overcome!
The Lonesome Death of Hattie Carroll by Bob Dylan
八ッティ・キャロルの寂しい死 ボブ・ディラン

1964年発表のThe Times They Are A-Changingに収録された、ホリス・ブラウンのバラッドと同じく、実在の事件について歌っている。人種差別感情による殺人事件とその裁判の様子である。黒人のメイドがお客に殺されてしまう悲惨な事件とその後の公判の様子を物語のように歌っている。犯人のウィリアム・ザンジンガーは黒人メイドを殺し、6ヶ月の禁固刑になったが、保釈金を払ってすぐに釈放されてしまった。

メロディはシンプルで歌い方も淡々としてるが、公式音源での繰り返しの部分では何かを訴える鬼気迫るものが感じられる。

曲は3小節目以降は同じメロディで必要なだけ言葉が続き、2番、3番と行くにつれて歌詞が長くなっている。4番は 1,2 小節は省いて、そのメロディだけで構成されている。 これはアメリカで昔から伝わる伝統的なストーリーテリング・フォークのスタイルだと言える。




The Lonesome Death ofHattie Caroll
八ッティ・キャロルの寂しい死

作詞:Bob Dylan

William Zanzinger killed poor Hattie Carroll
With a cane that he twirled around his diamond ring finger
At a Baltimore hotel society gath’rin’
And the cops were called in and his weapon took from him
As they rode him in custody down to the station
And booked William Zanzinger for first-degree murder

*But/And you who philosophize disgrace and criticize all fears
Take the rag away from your face
Now ain’t the time for your tears

William Zanzinger, who at twenty-four years
Owns a tobacco farm of six hundred acres
With rich wealthy parents who provide and protect him
And high office relations in the politics of Maryland
Reacted to his deed with a shrug of his shoulders
And swear words and sneering, and his tongue it was snarling
In a matter of minutes on bail was out walking

Repeat *

Hattie Carroll was a maid of the kitchen
She was fifty-one years old and gave birth to ten children
Who carried the dishes and took out the garbage
And never sat once at the head of the table
And didn’t even talk to the people at the table
Who just cleaned up all the food from the table
And emptied the ashtrays on a whole other level
Got killed by a blow, lay slain by a cane
That sailed through the air and came down through the room
Doomed and determined to destroy all the gentle
And she never done nothing to William Zanzinger

Repeat *

In the courtroom of honor, the judge pounded his gavel
To show that all's equal and that the courts are on the level
And that the strings in the books ain't pulled and persuaded
And that even the nobles get properly handled
Once that the cops have chased after and caught 'em
And that the ladder of law has no top and no bottom
Stared at the person who killed for no reason
Who just happened to be feelin' that way without warnin'
And he spoke through his cloak, most deep and distinguished
And handed out strongly, for penalty and repentance
William Zanzinger with a six-month sentence

Ah, but you who philosophize disgrace and criticize all fears
Bury the rag deep in your face
For now’s the time for your tears
訳:不詳

ウィリアム・ザンジンガーは可哀想なハッティ・キャロルを殺した
ダイヤの指輪をはめた手で杖を振り回して
ボルチモアの高級ホテルで
警官が呼ばれ凶器は取り上げた
警察署に連行して行き
ウィリアム・ザンジンガーを一級殺人で起訴した

*恥辱を哲学的に語ったり不安を批判するあなた方、
顔を覆ったぼろきれを取って
今は涙を流すときではない

ウィリアム・ザンジンガーは24歳にして
600エーカーのタバコ農場を所有
お金持ちの両親が与えて護る
メリーランド州の政治屋たちは
彼の行動に肩をすくめるばかり
ののしる言葉と嘲笑いの唸りに
彼はすぐにお金で釈放される

* くりかえし

八ッティ・キャロルはキッチンのメイド
51歳で10人の子供を生んだ
食器を運びごみを出し
テーブルの前に決して腰掛けず
食事する客にも話しかけず
テーブルをきれいに片付け
全てのフロアの灰皿を空にする
そんな彼女が杖の一撃で殺された
その杖は宙を舞い、部屋の片隅に落ちた
全ての優しさを破壊した
彼女はウィリアム・ザンジンガーに何もしていない

* くりかえし

栄誉ある法廷で裁判官が小槌を叩いて
万民が平等で裁判は公平だと示す
法律は曲げられたり都合よく解釈されないと
お金持ちでさえも適切に扱われると
一度警察が追い詰めて彼らを逮捕したら
法律の下には上も下もないと
理由なき殺人を犯した人を見詰めた
その男は充分考えず衝動的に殺ってしまった
そして彼は最も深く名高い法服をまとって言った
強い口調で悔い改めさせる罰の判決を言い渡した
ウィリアム・ザンジンガーは6ヶ月の禁固刑だった

恥辱を哲学的に語ったり不安を批判するあなた方、
古いハンカチで自分の顔を覆うのだ
今こそ涙を流すときだから
Bob Dylan/ボブ・ディランのプロテスト・トピカル・ソング
戦争の親玉/Masters of War
風に吹かれて/Blowin' In The Wind
時代は変わる/The Times They Are A-Changing
神が味方/With God On Our Side The Ballad of Hollis Brown

ハッティ・キャロルの寂しい死/The Lonesome Death of Hattie Caroll
 
しがない歩兵/Only a Pawn in Their Game
オックスフォード・タウン/Oxford Town
日本語カバー


                                                
日本語字幕つきライブ