プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
For America
フォー・アメリカ(アメリカのため)

Jackson Browne/ジャクソン・ブラウン

この歌は1986年に発売されたアルバム、Lives in the Balanceの一曲目を飾るアップテンポの曲。ジャクソン・ブラウンの心の叫びを吐露しているような歌詞だ。アメリカ政府の言うことを信じて幸せな生活をしていると思っていたが、アメリカの中産階級以上の人々が幸せを享受できるのも、他の国で戦争をして命を賭けて戦う兵士達がいて、犠牲になる外国の民がいるからと知ると、この幸せも気持ちよいものではないと、自身の悟りをこの歌で吐き出している。

また、この歌はアメリカ合衆国民の人々が政府のマインドコントロールから己を解き放ち、現実をしっかりと捉えようではないかと提案している。

For America
フォー・アメリカ(アメリカのため)

作詞: JACKSON BROWNE

As if I really didn't understand
That I was just another part of their plan
I went off looking for the promise
Believing in the Motherland
And from the comfort of a dreamer's bed
And the safety of my own head
I went on speaking of the future
While other people fought and bled


The kid I was when I first left home
Was looking for his freedom and a life of his own
But the freedom that he found wasn't quite as sweet
When the truth was known

I have prayed for America
I was made for America
It's in my blood and in my bones
By the dawn's early light
By all I know is right
We're going to reap what we have sown

As if freedom was a question of might
As if loyalty was black and white
You hear people say it all the time-
"My country wrong or right"
I want to know what that's got to do
With what it takes to find out what's true
With everyone from the President on down
Trying to keep it from you

The thing I wonder about the Dads and Moms
Who send their sons to the Vietnams
Will they really think their way of life
Has been protected as the next war comes?

I have prayed for America
I was made for America
Her shining dream plays in my mind
By the rockets red glare
A generation's blank stare
We better wake her up this time

* REPEAT

I have prayed for America
I was made for America
I can't let go till she comes around
Until the land of the free
Is awake and can see
And until her conscience has been found
和訳:中川五郎

自分もまた大きな計画に組み込まれた一員なんだと
まるで気づいちゃいなかったみたいに
僕は祖国を信じて約束を実現しようと躍起になっていた
暖かな寝床でぬくぬくと夢を見
自分の考えを疑うことすらせず
戦い血を流している人たちがいるというのに
明るい未来のことばかり語り続けていた


初めて家を出たときはまだほんの子供だった僕は
自由と自立した生活を追い求めていた
だけど真実を知ったとき
手に入れた自由はそれほど心地よいものとは
思えなくなってしまった

僕はアメリカのために祈り
アメリカのために生きるように育てられた
骨身に染み込んでいるんだ
朝一番の光が射し込み
自分の思いに確信を抱く時
僕らは自分の蒔いた種を刈り取ろうとする

自由とは力の問題に過ぎず
忠誠とは警察への忠誠のことのように思えるとき
周りのみんなは口を開けばこう言っている
「正しかろうが間違っていようが私の国だ」
いったい何から手を付ければ
真実というものが見つけ出せるのだろうか
大統領が先頭に立って
みんなで真実を覆い隠そうとしている時

自分たちの息子をベトナムへと送った父親母親たち
いつも僕は疑問に思うのだが
また戦争が起こっても自分たちの暮らしは
きちんと守られ安泰だと考えているのだろうか?

僕はアメリカのために祈り
アメリカのために生きるように育てられた
宇宙ロケットが吹き出す灼熱の炎
うつろな目をした今の国民たち
アメリカの輝ける夢が僕の心を弄ぶ
今度ばかりはこの国の目を覚ませた方がいいんじゃないのか

* 繰り返し

僕はアメリカのために祈り
アメリカのために生きるようにと育てられた
この国がまともな国になるまで
僕は全てを投げ出すわけにはいかない
この自由の国が目を覚まし、全てを理解するようになるまで
アメリカの良心が見出されるまで
ジャクソン・ブラウン/Jackson Browne のプロテストソング

Lives in the Balance/ライヴス・イン・ザ・バランス
インフォメーション・ウォーズ(情報戦争)/Information Wars
Rebel Jesus/反逆者 キリスト

記事のトップ






記事のトップへ