プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
I Ain't Marching Any More(僕はもう行進しない)
by PHIL OCHS
/フィル・オクス


Phil Ochsトピカルソングの天才、Phil Ochs/フィル・オクス 初期―全盛期の代表曲のひとつ。 ここで言う行進とは当然軍の行進のことで、反戦デモ行進のことではない。 ベトナム戦争当時に徴兵を拒否する運動が当時のアメリカの若者たちの間で広がった。そんな彼らの意思を代弁するような歌。1965年発表の同名アルバムに収録。後にThe War Is Overという曲のエンディングに終戦の終わりの喜びのように演奏される。

映像クリップはここをクリック!←ムービーはここをクリック!

I Ain't Marching Anymore/(僕はもう行進しない)

作:Phil Ochs

Oh I marched to the battle of New Orleans
At the end of the early British war
The young land started growing
The young blood started flowing
But I ain't marchin' anymore

For I've killed my share of Indians
In a thousand different fights
I was there at the Little Big Horn
I heard many men lying
I saw many more dying
But I ain't marchin' anymore

It's always the old to lead us to the wars
It's always the young to fall
Now look at all we've won with the sabre and the gun
Tell me is it worth it all

For I stole California from the Mexican land
Fought in the bloody Civil War
Yes, I even killed my brother
And so many others
And I ain't marchin' anymore

For I marched to the battles of the German trench
In a war that was bound to end all wars
Oh I must have killed a million men
And now they want me back again
But I ain't marchin' anymore

It's always the old to lead us to the wars
It's always the young to fall
Now look at all we've won with the sabre and the gun
Tell me is it worth it all

For I flew the final mission in the Japanese sky
Set off the mighty mushroom roar
When I saw the cities burning
I knew that I was learning
That I ain't marchin' anymore

Now the labor leader's screamin'
when they close the missile plants,
United Fruit screams at the Cuban shore,
Call it "Peace" or call it "Treason,"
Call it "Love" or call it "Reason,"
But I ain't marchin' any more.
But I ain't marchin' any more.

1965
訳詩: 不詳

ああ、僕はニュー・オーリンズの戦いで行進した
英国との戦争の終わりの頃に
若い国が成長を始めようとしていた
若い血が流れ始めていた
でももう行進なんかしないんだ。

僕はインディアン達を殺した
一千の戦闘の中で
僕はリトル・ビッグ・ホーンにいて
多くの人々が倒れる音を聞いた
多くの人々が死ぬのを見た
でももう行進なんてしないんだ

僕らを戦争へ導くのはいつも長老たち
倒れるのはいつも若者達
さあ、サーベルと銃で勝ち取ったものを見てごらん
これらはそんなに価値あるものなのか

僕はメキシコからカリフォルニアを盗んだ
流血の内戦を戦って
そう、僕は自分の兄弟でさえ殺した
そして他のたくさんの人々も
でももう行進なんてしないんだ

僕はドイツ軍の塹壕の戦いで行進した
全ての戦争を終わらせるだろうと思われた戦争で
ああ、僕は百万人の人を殺したに違いない
そして今、僕に戻ってきて欲しいと言っている
でももう行進なんてしないんだ

僕らを戦争へ導くのはいつも年老いた人たち
倒れるのはいつも若者だ
さあ、サーベルと銃で勝ち取ったものを見てごらん
これらはそんなに価値あるものなのか

僕は日本の空へ最後の任務のために飛んだ
大きなキノコ雲をとどろかせた
燃え行く街を見た時
僕は学んでいると知っていた
もう僕は行進しないということを

今労働者の指導者たち叫び声を挙げている
ミサイル工場を閉鎖するというので
ユナイテッドフルーツ*がキューバ沿岸で叫んでいる
「平和」と呼ぼうが、「裏切り」と言われようが
「愛」と呼ぼうが、「良識」と呼ぼうが、
僕はもう行進なんてしないんだ
僕はもう行進なんてしないんだ

*United Fruit: チキータバナナ社の前身
 The War Is Over
Outside of a Small Circle of Friends
No Christmas in Kentucky