Click Here!プロテストソング・トピカルソングの傑作集We Shall Overcome
발해를 꿈꾸며 (渤海を夢見て)
by 서태지와 아이들 (ソテジワアイドゥル)

ソテジワアイドゥルとは、<ソテジと子供たち>という意味で、ソテジを中心としたラップグループの名前である。1992年3月にデビューしては韓国中の少女たちをとりこにして一大旋風を巻き起こす。 現在ごく普通になった韓国ラップのパイオニアである。

人気が最高潮に達していた1994年8月に、予約だけで100万枚を達成して発売された彼らのソテジワアイドゥル 발해를 꿈꾸며 渤海を夢見て (サードアルバム)ードアルバムのタイトルソングである。 渤海(パレ)とは歴史上の朝鮮民族国歌の名前で、朝鮮民族が最も誇りを持つ、半島での統一国家として君臨した歴史上の国家、高句麗が滅亡した後、大祚榮(テジョヨン)を中心にした元高句麗国民たちによって698年に中国東北部に建てられ250年ほど存在した国家。(大祚榮は最近韓国でドラマ化されて人気あるようだ)

建国当時半島南部には新羅が栄えていたのだが、の力を借りて国を統一した新羅に対し、渤海高句麗の末裔がの力がひるんだ隙にその地域に建国したという経緯から、対立関係にあったそうだ。その対立を現在の南北対立になぞらえている。 但し、歌詞には「渤海」とそれに関する言葉は一度も出てこない。

歌の内容は「渤海を夢見て」というタイトル通り分断された朝鮮半島・韓国と朝鮮の統一を望み、南北互いに助け合い、力を合わせて行こうと呼びかける内容。

발해를 꿈꾸며/渤海を夢見て
서태지와 아이들/ソテジワアイドゥル

作詞/作曲:Taiji

진정 나에겐 단 한가지
내가 소망하는게 있어.
갈려진 땅의 친구들을
언제쯤 볼 수가 있을까.
망설일 시간에 우리를 잃어요

한민족인 형제인 우리가
서로를 겨누고 있고
우리가 만든 큰 욕심에
내가 먼저 죽는걸
진정 너는 알고는 있나
전 인류가 살고 죽고
처절한 그날을 잊었던건
아니었겠지.

우리 몸을 반을 가른 채
현실없이 살아갈건가
치유할 수 없는 아픔에
절규하는 우릴 지켜줘

시원스레 맘의 문을 열고
우리가 나갈 길을 찾아요
더 행복한 미래가 있어
우리에겐

언젠가 나의 작은 땅에
경계선이 사라지는 날
많은 사람이 마음 속에
희망들을 가득 담겠지.
난 지금 평화와 사랑을 바래요

젊은 우리 힘들이 모이면
세상을 흔들 수 있고
우리가 서로 손을 잡은 것으로 큰 힘인데

우리 몸을 반을 가른 채
현실없이 살아갈건가
치유할 수 없는 아픔에
절규하는 우릴 지켜줘
갈 수 없는 길에 뿌려진
천만인의 눈물이 있어
오 나에겐 갈 수도 볼 수도 없는가

저 하늘로 자유롭게
저 새들과 함께 날고 싶어

우리들이 항상 바라는 건
서로가 웃고 돕고 사는 것
이제 함께 하나를 보며 나아가요.
訳詞:不詳

実は僕にはひとつだけ
心から望んでいることがある
引き裂かれた地の友人らに
いつ会えるのだろうか
戸惑う間に我を失う

ひとつの民族である僕らが
お互い銃口を向け合い
僕らが作った大きな欲望に
自分が先に死ぬ
君は本当に知っているのか
全人類が生きて死に
切なかったあの頃を
忘れたのではなかろう

僕らの体を半分に分けたまま
現実見ずに生きていくのか
治癒できない痛みに
絶叫する僕らを護って

さわやかに心の扉開いて
僕らが進むべき道を探す
より幸福な未来がある
僕らには

いつか僕の小さな土地から
境界線が消え去る日
多くの人々の心は
希望で満ちるだろう
今僕は愛と平和を望む

若い僕等の力が集まれば
世の中を揺り動かせる
僕らがお互いに手を取り合って
大きな力になる

僕らの体を半分に分けたまま
現実なしで生きていくのか
治癒できない痛みに
絶叫する僕らを護って
行くことが出来ない道に撒かれた
千万人の涙がある
おお、僕には行くことも見ることもできないのか

あの空に自由に
あの鳥たちと共に飛んで行きたい

僕らがいつも望むこと
互いに笑って助け合って生きること
もう共にひとつを見て進んで行こう
MBLAQ、MISS A, インチョンオペラ合唱団によるカバー(平和コンサート)


2PMのカバー(動画の後半)

1994年のコンサートより

ソテジワアイドゥル「時代遺憾」
戻る我等の願いトップページへClick Here!
ルーラの「統一」
カン・サネの「ONE」
フォークルの
「イムジン河」