プロテストソング・トピカルソングの傑作集We Shall Overcome
一枚のビラ
by 朴 保/박보/Pak Poe

在日コリアンのロック、レゲエ歌手、朴保/박보が在日コリアン問題の活動家について歌った「一枚のビラ」。日本でも東洋大学で教授をしている竹中平蔵が授業していることについてを反対する立て看板を立て、ビラを配布し、当局に捕まり、退学まで示唆された学生が話題になったが、まさにこの曲はその学生の気持ちを歌ったものだと思える曲である。「一台のリヤカーが立ち向かう」と共通する、一人の戦いが大きな変化をもたらす可能性について歌っている。

一枚のビラ

作詞・作曲 朴保

一枚のビラ、一人の声が
一枚のビラ、一人のデモさ
バビロンの街に響きわたる
枯れてしまった大地に光をあてる
一人の男が立ち上がり
一人の女がそれを支え Hey Hey

一枚のビラ、一人の声が
一枚のビラ、一人のデモさ
知らんふり バックレてる場合じゃないだろ
目を泳がしてる君はなぜ泣くの
ひるむ事なくこの革命はやり遂げる
命をはれ、マジで死ぬ気でやらなくちゃ

子供達を救い出せ、聞こえているだろう
真の心を貫く為に
オレの魂 救い出す為に
お前の魂 取り戻すんだ Yeah yeah

We can change the world
Make a better life and beautiful world
We can change the world
I'll come around if you need me!

一枚のビラ


朴保の他の詩
Constitution No.9
ヤンバルの風
今こそ流れを変える時
S.O.S.
MONJU
HIROSHIMA

朴保オフィシャルサイト