プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
前のページへトップページへEarth Song/地球の歌
Michael Jackson/マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソン/Michael Jackson の父親によると、マイケルがもっとも好きだった曲が、1995年6月20日に発表された2枚組アルバム、History/ヒストリーに収録され、後にシングル・カットされた Earth Song/アース・ソングである。この歌のプロモーションビデオは人間による自然破壊と、戦争での殺戮を結びつけ、地球を今救わなければ手遅れになると警告している。歌詞の中にたくさん登場する Ah アー, Ooh ウー という部分は地球が泣いて、マイケル自身が悲しむ嘆きの声として表現されている。美しい自然風景と歌が相まって大きな感動を呼び起こした。コンサートでも感動的な演出を施して度々歌われている。イギリスではヒットチャートのナンバーワンにも輝いた。

マイケル・ジャクソン/Michael Jacksonが2009年に亡くなる直前まで準備をしていたコンサートでもこの歌が最後の曲として用意され、新たな映像を作り大掛かりな演出を施している様子を映画、"ジス・イズ・イット/This Is It" を通して見ることができる。その映画の中でこのように語っている。この語りはコンサートでのメッセージのベースになっている。

僕は大自然の驚異に敬意を払う。だからアマゾンの現状に怒りを覚える。毎秒フットボール上の面積が伐採されているという。環境破壊が気がかりだ。だからこういう曲を書く。人々が目覚めて希望を抱けるように。僕は地球を愛してる。木が大好きだし、紅葉する葉も魅力的だ。僕はそういうものに尊敬の念を抱いている。(映画の日本語字幕より)


Spotify Google Play

Earth Song/アース・ソング
地球の歌



作詞: MICHAEL JACKSON

What about sunrise?
What about rain
What about all the things
that you said we were to gain?
What about killing fields?
Is there a time?
What about all the things
that you said was yours and mine?

Did you ever stop to notice
All the blood we've shed before?
Did you ever stop to notice
This crying Earth, these weeping shores?

Ah Ooh
Ah Ooh

What have we done to the world?
Look what we've done
What about all the peace
that you pledge your only son?
What about flowering fields?
Is there a time?
What about all the dreams
that you said was yours and mine?

Did you ever stop to notice
All the children dead from war?
Did you ever stop to notice
This crying Earth, these weeping shores?

Ah Ooh
Ah Ooh

I used to dream
I used to glance beyond the stars
Now I don't know where we are
Although I know we've drifted far

Ah Ooh
Ah Ooh
Ah Ooh
Ah Ooh

Hey, what about yesterday?
(What about us?)
What about the seas?
(What about us?)
The heavens are falling down
(What about us?)
I can't even breathe
(What about us)
What about apathy?
(What about us?)
I need you
(What about us?)
What about nature's worth?
(Ooh)
It's our planet's womb
(What about us?)
What about animals?
(What about it?)
Turned kingdoms to dust
(What about us?)
What about elephants?
(What about us?)
Have we lost their trust?
(What about us?)
What about crying whales
(What about us?)
Ravaging the seas?
(What about us?)
What about forest trails?
(Ooh)
Burnt, despite our pleas
(What about us?)
What about the holy land?
(What about it?)
Torn apart by creed?
(What about us?)
What about the common man?
(What about us?)
Can't we set him free?
(What about us?)
What about children dying?
(What about us?)
Can't you hear them cry?
(What about us?)
Where did we go wrong?
(Ooh)
Someone tell me why
(What about us?)
What about baby boy?
(What about it?)
What about the days?
(What about us?)
What about all their joy?
(What about us?)
What about the man?
(What about us?)
What about the crying man?
(What about us?)
What about Abraham?
(What about us?)
What about death again?
(Ooh)
Do we give a damn?

Ah Ooh
Ah Ooh
訳詩:管理人

日の出はどう?
雨はどう?
私達が得ることになっていると言った
全てのものはどう?
殺戮の戦場はどう?
時間はあるの?
君と僕のものだと言った
全てのものはどう?

立ち止まって気付いたか
私達が流した全ての血に
立ち止まって気付いたか
泣いている地球や海岸に

ああ、うう
ああ、うう

僕らはこの世に何をしてしまった?
僕らがやったことを見てごらん
あなたが一人息子に誓った
全ての平和はどうなった?
花咲く園はどうなった?
時間はあるの?
君と僕のものだと言った
全ての夢はどうなった?

立ち止まって気付いたか
戦争で死んだ全ての子供たちに
立ち止まって気付いたか
泣いている地球や海岸に

ああ、うう
ああ、うう

夢を見たものだった
星々の上を見ようとした
今僕らはどこにいるのかわからない
遠くへ流されてきてしまった

ああ、うう
ああ、うう
ああ、うう
ああ、うう

昨日はどうなってしまう?
(僕らは?)
海はどうなってしまう?

天国が落ちてきてる

息さえできない

無関心はどうなってしまう?

僕にはそれが必要だ

自然の価値は?

僕らの惑星の子宮

動物たちはどうなってしまう?

王国がチリになった

ゾウはどうなってしまう?

彼らの信用を失ったのか

泣いているクジラはどうなってしまう?

海を破壊して

森林のけもの道はどうなる?

懇願を無視して燃やされて

神聖な土地はどうなってしまう?

教義や心情で分断されて

普通の男はどうなってしまう?

彼を自由にしてあげられないの?

死にゆく子供たちはどうなる?

彼らの鳴き声が聞こえないのか?

どこで僕らは間違ってしまったんだ?

誰か僕に教えておくれ

赤ちゃんの男の子はどうなる?

日々はどうなる?

彼らの喜びはどうなってしまう?

その男は?

その泣いてる男は?

アブラハムはどうなってしまう?

再び死が訪れるのか?

気にしてみないか?




Man in the Mirror/マン・イン・ザ・ミラー
Heal the World/ヒール・ザ・ワールド
We Are The World USA for Africa
(Written by Michael Jackson)


                                    
本文中で引用したメッセージ部分など映画のシーンを加えたライブ映像
エンディングの演出が感動的!


1996年、ロンドンで、ブリット・アワード授賞式での感動的なライブステージ!

マイケル死後、翌年のグラミー賞でのライブ


記事のトップへ