プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
スポーツ・フォー・トゥモロー/Sports for Tomorrow
中川五郎


中川五郎
が2017年に発表した2枚組アルバム、「どうぞ裸になってください」に収録して発表した東京オリンピック反対の意思を表明した「オリンピック賛歌」。安倍総理が2013年9月、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われたオリンピック、IOC総会で演説したときの「アンダーコントロール」発言を中心にキーフレーズを織り交ぜた歌詞が作られた。



Sports for Tomorrow



作詞:中川五郎

Chorus
Welcome to Tokyo,
Welcome to Tokyo
Don't worry about Fukushima,
Don't worry about Fukushima

わたしが保証します
状況はアンダーコントロール
これまでも 今後も
東京には いかなる悪影響もなし

Chorus

わたしが保証します
汚染水はアンダーコントロール
これまでも 今後も
東京には いかなる悪影響もなし

Chorus

世界有数 安全な都市 東京
真新しいスタジアム 確かな財政措置

Sports for Tomorrow
Sports for Tomorrow
Sports for Tomorrow
Sports for Tomorrow
スポーツは万人に等しい機会を与え
スポーツこそが世界をつなぐ

1964, 東京オリンピック
国家挙げて推進 
立派な建物も残った
でもそれだけじゃない 
オリンピック精神が教えてくれたこと
グローバルなビジョンを持つこと 
人間に投資すること

2020年まで 百を超える国
一千万人にお届けしましょう 
スポーツの道具、学校も作りましょう
スポーツで世界はよりよい場所に

Chorus

わたしが保証します
状況はアンダーコントロール
これまでも 今後も
東京には いかなる悪影響もなし

Chorus

情熱と誇りに満ちたオリンピックの信奉者 東京
福島のことは ひとまず忘れましょう

Chorus

情熱と誇りに満ちた オリンピックの信奉者 東京
福島のことは このまま忘れましょう

福島のことは 今はもうあってない
福島のことは 今はもうあってねえ
福島のことより 今はもうアテネ


中川五郎 作詞の 受験生ブルース

記事のトップ
MOVIES
去年11月3日、国会前
安倍9条改憲NO!全国市民アクション11・3国会包囲大行動 でのライブ



記事のトップへ