Relay~杜の詩 サザンオールスターズ 明治神宮 樹木伐採 桑田佳祐 プロテストソング・トピカルソングの傑作集"> Relay~Relay~杜の詩 サザンオールスターズ 明治神宮 樹木伐採 桑田佳祐 プロテストソング・トピカルソングの傑作集

プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
Relay〜杜の詩
作詞・作曲:桑田佳祐
サザンオールスターズ

サザンオールスターズが2023年に発表した曲。 東京都の明治神宮外苑にある神宮の森の木々が再開発されることに伴い多くの木々が伐採されることが決まったことを受けて、それに抗議する気持ちを込めて作られた。

神宮外苑には神宮球場という野球場やラグビースタジアムなを始めとするスポーツ施設が集まっているが、それぞれ老朽化が進み外苑全体の再開発が以前から計画されていた。予算の都合で実施は難しかったが、それに伊藤忠商事の東京本社ビルの建て替えや三井不動産の再開発事業を絡めて再開発が可能になった。

計画では神宮外苑の1000本の木が伐採されるということで、これに対して8万人分の反対署名が集められた。 ミュージシャンの坂本龍一も反対の声を上げていたが、彼が亡くなったことでこのことを知ることになった桑田佳祐があまりにも勝手に決められていることに抗議しようとこの曲を作った。 この近辺には桑田佳祐がよくレコーディングに使っている青山ビクタースタジオもある。

この曲の主旨は純粋に再開発を反対することではなく、もっと地元の人々を含めた多くの人々と議論して決めるべきだということ。 歌詞の途中に挿入されている「いつも思ってた、知らないうちに決まっている」というフレーズが象徴している。 これはまた、日本の政治全般に対する疑問の投げかけとも捉えることができる。

このようなことについて若い世代に関心を持ってもらえるように、バトンを渡す気持ちからタイトルは「リレー」となった。 歌詞の中にはタイトルの語句は一度も登場しない。

管理人はこの曲も ピースとハイライト のように紅白歌合戦で歌われるかと思ったが、そうはならなかった。

ピースとハイライト

作詞:桑田佳祐

誰かが悲嘆(なげ)いてた
美しい社が消滅()えるのを Ah...

自分が居ない世の中
思い遣るような人間(ひと)であれと
地球が病んで未来を憂う時代に
身近な場所で何が起こってるんだ?
ここに集って音楽(おと)を紡いだスタジオ(場所)
歌がある

C'mon baby now
Oh その理由(わけ)を Answer
Oh この私に
Oh 明日を夢見る
馬鹿で馬鹿でごめんよ
答えて答えておくれよ

麗しいオアシスが
アスファルト・ジャングルに
変わっちゃうの?Ah...

分かり易い言葉で
どなたか教えてくれませんか?
未来の都市が空を塞いで良いの?
我が(日本)を映した鏡のような月を
ピアノの音色(おと)が今も胸に響く
コミュニケーションしようと

C'mon tell me now
Oh wanna talk together
Oh 穏やかに
Oh それぞれの思い
肌で感じて

いつもいつも思ってた
知らないうちに
決まってる

C'mon baby now 
Oh その理由(わけ)を Answer
Oh 今、人々に
Oh 明日を夢見る
馬鹿で馬鹿でごめんなさい
意志を意志を継ないで
この杜(ここ)が好きだよ
この動画を見るとこの曲がよく分かる!

ピースとハイライト
ビートルズのアルバムアビーロードのパロディ
アベ―ロード


記事のトップへ