プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
ピースとハイライト (平和と極右)
作詞・作曲・歌唱:桑田佳祐/サザンオールスターズ

日本を代表するロックバンド、サザンオールスターズが5年ぶりに活動を再開した2013年の夏に発売した、大ヒットシングル。タイトルは古くからある煙草の銘柄を連想させるが、ピースPEACEで平和を、ハイライトは煙草の銘柄としては hi-lite があるが、ここでは high right と綴って(極右)と思わせる意図があるらしい。歌詞の内容は今の日本社会を風刺し、平和を訴えるすばらしいプロテストソング。

2014年大晦日の紅白歌合戦でサプライズ同様に出場したサザンオールスターズは自分たちの年越しライブの会場から中継での出演で歌ったため、全国民が興味を持つ人気の歌となった。リーダーでボーカルの桑田佳祐は紅白歌合戦の中継の最初にアドルフ・ヒトラーを連想させる付けちょび髭で登場。これが安部首相を表しているのではないかと物議をかもした。

安部政権の現状に警笛を鳴らしたこの歌を紅白で歌った彼らの意気込みと勇気に拍手!

1番だけの公式MV
阿部首相やパク・クネ大統領、オバマ大統領の顔も登場します。

ライブ動画

ピースとハイライト

作詞:桑田佳祐

何気なく観たニュースで
お隣の人が怒ってた
今までどんなに対話(はな)しても
それぞれの主張は変わらない


教科書は現代史を
やる前に時間切れ
そこが一番知りたいのに
何でそうなっちゃうの?


希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
未来に平和の花咲くまでは...憂鬱(blue)
絵空事かな?お伽噺かな?
お互いの幸せを願うことなど


歴史を照らし合わせて
助け合えたらいいじゃない
固いこぶしを振り上げても
心開かない


都合のいい大義名分(かいしゃく)で
争いを仕掛けて
裸の王様が牛耳る世は...狂気(Insane)
20世紀で懲りたはずでしょう?
燻る火種が燃え上がるだけ?


色んな事情があるけどさ
知ろうよ お互いのイイところ!!


希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
この素晴らしい地球(ふるさと)に生まれ
悲しい過去も 愚かな行為も
人間(ひと)は何故に忘れてしまう?


愛することを躊躇(ためら)わないで



MOVIES
2013年のライブ



記事のトップへ