プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
脱原発東電に入ろう(倒電に廃炉)
ヒポポフォークゲリラ
原作詞:高田渡

2011年3月11日の東日本大震災からしばらくの間、作者不明のこの歌がユーチューブ上で話題になった。「東電に入ろう」というタイトルのこの歌は、フォークシンガー、高田渡「自衛隊に入ろう」の替え歌である。繰り返しの部分はほとんど同じなので、作詞の半分以上は高田渡だと言えるだろう。(「自衛隊に入ろう」マルヴィナ・レイノルズ/Malvina Reynoldsの詩にピート・シーガー/Pete Seegerがメロディを付けた曲、「Andorra」のカバー)元歌は下に動画をご紹介。

原発推進から福島第一原発の事故後の不手際まで含めて皮肉りながら歌っている。歌手名は本人の意向で公開されていなかったが、現在はグループ、ヒポポフォークゲリラだと公開され、他にも様々な社会風刺の歌を歌っている。。

脱原発東電に入ろう
(倒電に廃炉)



作詞:高田渡+不詳

みなさん方の中に
東京電力
に入りたい人はいませんか
ひと旗あげたい人はいませんか
東電じゃ人材求めてます

*
東電に入ろう、入ろう、入ろう 
東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 
東電に入って花と散る


原発やりたい人いたら 
いつでも東電にお越し下さい
ウランでもプルトニウムでも
何でもありますよ
下請け使えば平気です
* くりかえし

原発推進派の皆さんは 
原子炉の真下にお集まり下さい
今すぐ体に悪いわけがありません
シャワーで流せば平気です
* くりかえし

原発はクリーンなエネルギーです
プルトニウムはそんなに怖いもんじゃありません
放射能をだすといっても半減期は
たったの2万と4000年です
* くりかえし

日本のエネルギーを支えるには
原子力に頼らないといけません
多少の被爆は止むを得ません
イゾジン飲んでおけば平気です
* くりかえし

使用済みの核燃料は全部まとめて
ドラム缶につめたら大丈夫
六ヶ所村のプールで冷やしてます
たった300年の我慢です
* くりかえし

水が漏れてるけど騒ぐんじゃない
煙が出てるけど慌てるな
屋根がぶっ飛んだけどぜんぜん大丈夫
とにかく塩水で冷やしてます
* くりかえし

今すぐ危険てワケじゃない
牛乳も野菜もすてましょう
政府のお偉いさんが言っています
補償は税金で払いましょう 
* くりかえし

ガイガーカウンターは売切れてます
君たちそのなモノ持っちゃダメですよ
放射能の値はこちらで発表します
信じる者は救われる
* くりかえし

脱原子力発電ソング特集
プルトニウムの場合

記事のトップ


丸尾めぐみ ピアノ弾き語りカバー


自衛隊に入ろう by 高田渡

Malvina Raynolds とPete Seeger 共作のAndorra


記事のトップへ