プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
脱原発プルトニウムの場合 
ヒポポフォークゲリラ

「東電に入ろう」ヒポポフォークゲリラの替え歌。「プルトニウムの場合」。原発推進派の本音のつぶやきと思える歌詞が秀逸。

元歌は反戦歌として知られる新谷のり子が歌う「フランシーヌの場合」フランシーヌとは1969年3月30日、フランスのパリで政治的な抗議をしながら焼身自殺した女性、フランシーヌ・ルコント (Francine Lecomte、当時30歳)のことを歌ったこれもプロテストソングのひとつ。プルトニウム(原子力発電)批判の抗議のために歌詞を新たに蘇った。




脱原発プルトニウムの場合
(元歌:フランシーヌの場合)


元歌作詞:郷 五郎

プルトニウムの場合は
あまりにもおバカさん
メルトダウンのことなど
わかりきっていたのよ

だけど安全なのと
だましてた、今日までみんな 
信じていたでしょう 
プルトニウム

ホントのことを言ったら 
原発なんて作れない 
ホントのことを言ったら 
私だって怖いの

だからなるべく遠く 
離れてる過疎の村に
行ってもらうわけよ 
念の為

チェルノブイリの場合は
もう二度と住めない 
スリーマイルのあとでも 
誰も止めようとしない

すべては想定外の
津波なの 
そうさ、僕達何も悪くないよ 
プルトニウム
脱原子力発電ソング特集
東電に入ろう
元歌:フランシーヌの場合 by 新谷のり子