プロテストソング・トピカルソングの傑作集WE SHALL OVERCOME
F.A.P.P(フクシマ・アトミック・パワー・プラント)
(Fukushima Atomic Power Plants)
作詞・歌唱:沢田研二 作曲:柴山和彦

1970年代〜80年代、日本のお茶の間の大スター、沢田研二は2012年4月に発表したマキシ・シングル、3月8日の雲はなんと福島第一原子力発電所事故東日本大震災についてのトピカルソング集です。2000年代はなかなかテレビに登場しない沢田研二が、なかなかテレビでは歌えないプロテストソングを発表して、日本中を驚かせてくれました!それも自分自身で作詞してます。そして2013年3月11には続編ともいえるPray という4曲入りマキシ・シングルを発売。更には2014年3月にも3年想いよ」を発表して自身の一貫したスタンスを明確にしました。3枚あわせて12曲もの反原発ソングをまとめて発表した歌手はジュリーだけです。

その代表曲とも言えるこの曲、深い内容です。


MP3(左) 3月8日の雲(右)

反原発F.A.P.P.

作詞:沢田研二

太陽と放射線、冷たいね
子供はみんな校舎の中育つ
死の街は死なない 
かけがえのない大事なふるさと
我が家へ帰れない 
希望はあるけど
こんなにしたのは誰だ

BYE BYE A.P.P
BYE BYE 原発
苦しみはいつも複雑すぎるよ、当然
BYE BYE A.P.P
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 
収束していない福島

地球が怒る何度でも
大人はいつも子らを想い悩む
死の街が愛しい
あらゆる不安に苛まれても
偽善や裏切りもこれ以上許すの
何を護るのだ国は

BYE BYE A.P.P
BYE BYE 原発
哀しみは ひとりひとりで違うよ 当然
BYE BYE A.P.P
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 
へこたれないで福島

NO 長崎  MORE 広島
人は何故 繰り返すのか 
あやまち 当然
BYE BYE A.P.P
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 
世界が見てる福島

世界が見てる福島

沢田研二の 一握り人の罪
脱原子力発電ソング特集


記事のトップへ